「仁淀ブルー」とは?なぜ青く見えるの?

「仁淀ブルー」とは?なぜ青く見えるの?

「仁淀ブルーが綺麗だと聞いたのですが…」
ここ最近一番よくいただくお問合せですが、実際この「仁淀ブルー」が何なのか、どこに行けばよいのか、わかりづらいというお声もいただいております。
まずは、「仁淀ブルー」や「仁淀川」について簡単にご紹介いたします。

仁淀ブルーとはどこのこと?

高知県のほぼ中心を流れる仁淀川は、西日本最高峰の石鎚山に源を発し、124kmに渡って土佐湾に流れ着く高知県の3大河川の一つです。
国土交通省が発表する「水質が最も良好な河川」に過去10年で8回も選ばれています。

そのリゾート地の海辺を思わせるような透明な水色やエメラルドグリーンとも呼べるような「青」の美しさをネイチャーカメラマンの高橋宜之氏が「仁淀ブルー」と呼び始め、その名が知られていったと言われています。

ですので、「仁淀ブルー」とは特定の場所のことを言ったものではなく、この川のきれいさを表現した仁淀川のキャッチコピーのようなものです。
その仁淀ブルーを一目見ようと、近年多くの方々が仁淀川を訪れています。

仁淀川の魅力は、透明度の高いブルーだけではありません。
仁淀川流域にはカヌー、釣り、バーベキューなど、アウトドアライフを楽しめるスポットや施設も数多くあります。
また、川の要所には、増水の際に水に沈む欄干のない「沈下橋」が数多くあり、高知を代表とする風景となっています。

なぜ青く見えるのか?

一般的に、不純物の少ない透明な水は、光の波長が短い青い光だけ反射するので、青く見えると考えられているそうです。
仁淀川は、急峻な地形で流れが速く、不純物がとどまりにくいうえ、比較的水温が低いので藻が繁殖しにくいため、透明度の高い川を維持していると考えられています。

また、仁淀川周辺に多い「緑色片岩」という薄い青緑の石たち。
これは、四国周辺のフィリピン海プレートが四国のプレートにもぐりこんだ際、地下の深いところでマグマの熱と圧力で変性したものなんです。
川底にこの緑色片岩が多くあること、こういった地質の影響も、青く見える要因の一つと考えらます。

仁淀ブルーはどこで見られるの?

太陽の光や空の色が入り混じることにより、仁淀川は季節や場所によってさまざまな「仁淀ブルー」色に変わります。
仁淀川流域には“仁淀ブルー”を体感できる渓谷やスポットがいくつもあり、多くの人を惹きつけています。

代表的なスポットを3つご紹介いたします。
下記それぞれのページで見どころや行き方をご案内しています。

「にこ淵」
https://niyodoblue.jp/feature/detail.php?id=6

「安居渓谷」
https://niyodoblue.jp/feature/detail.php?id=7

「中津渓谷」
https://niyodoblue.jp/feature/detail.php?id=8

 一覧へ戻る