いの町紙の博物館開館35周年記念企画展

 いの町紙の博物館開館35周年記念企画展
 いの町紙の博物館開館35周年記念企画展
 いの町紙の博物館開館35周年記念企画展
 いの町紙の博物館開館35周年記念企画展

 いの町紙の博物館開館35周年記念企画展

 いの町紙の博物館開館35周年記念企画展

 いの町紙の博物館開館35周年記念企画展

 いの町紙の博物館開館35周年記念企画展

~源太から始まる近代和紙の系譜~

「紙の博物館開館35周年記念企画展~源太から始まる近代和紙の系譜~」を開催します。紙聖・吉井源太のコッピー紙から発展させた謄写版原紙用紙(通称ガリ版)など、近代日本を支えた複写印刷技術の歴史を、貴重な資料や版画作品を通じて俯瞰します。
さらに山形謄写印刷資料館約1万2千点の中から提供を受けた、選りすぐりの収蔵品数十点を展示。2月6日(土)には香川大学特命講師・村上弥生氏の記念講演を開催するほか、会期中の土日には不定期でガリ版体験コーナーを催します。

TEL
088-893-0886
開催場所
いの町紙の博物館
住所
〒781-2103 高知県吾川郡いの町幸町110-1
料金
入館料
・大人500円(400円)
・小中高生100円(80円)
・65歳以上250円
※()内は10名以上の団体料金
開催期間
令和3年1月10日(日)~3月31日(水)9:00~17:00
施設サイト
https://kamihaku.com/
備考
○本展監修・村上弥生氏(香川大学特命講師)記念講演「近代和紙の創出と吉井源太の貢献」 2月6日(土)13:30~(聴講無料・要入館料)

○学芸員解説 1月30日(土)、2月13日(土)、27日(土)、3月13日(土)、27日(土)13:30~

○ガリ版体験コーナー(会期中の土日に不定期開催(無料))

 一覧へ戻る