大正時代は紙問屋商家の建物。筆運びの良いいの町産の雁皮紙(土佐和紙)と土佐漆喰を使用し、絵の具も漆喰に顔料を混ぜた張り子人形を制作、販売している。毎年制作している干支の張り子は、日本郵便の干支切手にも選ばれた。
参考記事「仁淀川で湯めぐり旅・1・かんぽの宿伊野」

住所
高知県吾川郡いの町3811
概要
《時間》10:00〜16:00 《休日》水曜日
お問い合わせ
088-892-1045
URL
http://www.soboku.sakura.ne.jp