秋葉まつりは本村、霧之窪、沢渡という旧仁淀村の別枝地区にある3集落からそれぞれ行列が出て、岩屋神社から秋葉神社までゆかりの地を半日をかけて練り歩く。まつりのクライマックスは長さ7m、重さ8キロにもなる鳥毛を10m近く離れたふたりが投げ合う”鳥毛ひねり"。秋葉神社の祭神は火産霊命(ほぶすなのみこと)という火の神様であり、秋葉まつりの装束は火消しの装束とされる。土佐三大祭りのひとつで県保護無形民俗文化財。

住所
高知県吾川郡仁淀川町別枝
概要
《期間》2月11日
《場所》岩屋神社8:30→市川家→大石家前→法泉寺→中越家→秋葉神社15:30頃
お問い合わせ
0889-35-1333 仁淀川町観光協会