美しい娘と大蛇伝説の舞台となった神秘的な青い滝壺。"仁淀ブルー"の名付け親であるネイチャーカメラマンの高橋宣之氏が、この青こそ"仁淀ブルー"と言わしめた場所でもある。木々の間から光が差す僅かなひととき、水面は宝石の輝きのごとく美しい。
*現在は滝壺へ降りる道が落石のため通行止めとなっており、滝壺へ行くことができません。

住所
高知県吾川郡いの町清水
概要
《備考》通行止めの状況が分かり次第、当ページやfacebook、twitterで通知