平安時代から続く土佐和紙の産地で、町中には今でも製紙工場が点在する。博物館には土佐和紙の長い歴史、楮やミツマタなどの和紙を漉くための原料や、紙漉きのための様々な道具の話などを詳しく学ぶことができる。手漉き和紙の体験コーナーでは、色紙やハガキを漉くことができ、毎月第1日曜日にはさらに技術が問われる「流し漉き」の体験ができる。土産ショップも充実しており、様々な和紙を購入することができる。

 

住所
高知県吾川郡いの町幸町110-1
概要
《時間》9:00〜17:00《休日》月曜(祝日の場合翌日)・年末年始《料金》500円 小中高生100円
お問い合わせ
088-893-0886
URL
http://kamihaku.com